So-net無料ブログ作成
VQ1005・VQ1015 ブログトップ

VQ1015 ENTRY 改造 [VQ1005・VQ1015]

めっきり寒くなって休日に外出とかしたくない。写真撮る機会も激減です。
興味本位で2chのVQ1005・1015スレを見てみたら、色々と面白い情報がありました。
まず一つ目がVQ1015の大きな特徴である周辺減光というかトンネル効果、ケラレとかいう周りが暗くなる現象がありますが、これを無くせるというものです。
代表的な改造には省エネ改造があり、ググればいろんなサイトがヒットしますし自分もここでやってみてます。ケラレはハード側により生じるものらしいので物理的に何とかすればいけるかもということです。

以下自分の方法。自己責任で。
上下各2本、正面1本、計5本のネジを外してケース取って分解する。

IMG01.PNG

↑で写真の灰色の薄いプラスチックみたいな紙を除去する。

IMG02.PNG

↑ドーナツ板取ったあと。
beforeとafterでレンズ周りのすっきりさが変わったのがわかると思います。ドーナツ板がケラレの原因となっていたらしいです。
ちなみに自分のドーナツの取り方は
IMG03.jpg
↑マイナスドライバーを、ドーナツ板とその下のプラスチック板の間に軽めに差し込んでテコというか上に力いれたらあっさり取れました
分解しなくてもペンチでつまんで取れるかもしれないけど個人的にバラしたほうが確実かなぁと思います。
何にしろ改造した時点で保証きかなくなるだろうし、ピントもずれるだろうから分解することを勧めます。
すごくピントずれたな、ネジで組み立てる前に試し撮りして確認したほうがいいと思います。
どうでもいいけどスピーカーと基盤の配線切れた。作業はしやすくなったけどファームウェア入替の時少し不便かもしれない。

IMG04.jpg
↑試し撮り
写真が悪いな。隅が暗くなってるけどこれはケラレによるものではなく純粋に光の具合によるものだと思います。室内で撮ったものはちゃんと旧VQ1005と同じような写りでケラレ無しでした。
VQ1015の特徴であるトンネル効果はわざとらしいものですが、それも含めて1015であると思うし、こういった改造によりそれを無くす≒1005に近づくわけで、だったらプロキッチンからclassicの発売待ったほうが賢い気がします。
自分の場合は、1015のエネループ使用時の電池の持ちに嫌気がさしたので壊れてもいいや的スタンスでやりました。エネループ対応と書いてあった気がするけど充電直後以外すぐ切れるな、まだ旧型のほうがましだった。

あともう一つ。同じくVQ1015の特徴としてファームウェアの変更があるんですけど、このファームウェアを自分好みにカスタマイズするソフトが出てました。
2chのVQ1005スレの648 ◆tYJzisUX9sさん作成。

ttp://www.geocities.jp/part16_821/vq1015/index.html
↑ここ。h抜き。DownloadのバイナリからDL。

自分も購入当初ファームウェア(FW)が32kbほどだったのでバイナリエディタで見てみたけどExifの書き換えぐらいしか出来なかったな・・・どこが該当の値とかわかるのか不思議。
使い方は何となくわかると思うけど
上のソフト起動→openクリック→ここで落としたFW(.binのもの)を指定→各値いじってsaveかsave asで保存→VQ1015に導入、て感じか。
これに関しても完全に自己責任だし、FW変更だから最悪VQが起動しなくなるのでオススメはしません。多分FW導入途中で電池切れる、落とすとかしなきゃ大丈夫だろうけど。
各値が何を指定するものなのかは現段階で詳しくは不明ですが、予測的な情報を2ch上記スレ(主にd0v0 ◆i3txakmTqQさん)から転載。

648.gif
prmA~C:コントラスト・フォーカス。Aがシャープ、Bがノーマル、Cがソフトフォーカス。
prm1~6:色のパラメータ。すべて0でモノクロ。1・2が黄色、3が青色、4が赤色、5・6が緑色あたり。

だそうです。自分は試してないのですべて2ch情報です。問題あれば言ってください。
なんか違う方向で楽しんでるな。


VQ1015 ENTRY 分解 [VQ1005・VQ1015]

プロキッチンから発売されたばかりのVQ1015ENTRYが届きました。旧VQ1005の写りに似せて、トンネル効果というかが加わったモデルです。
買うつもりはなかったのですが、買わぬ後悔より買う後悔精神で押し切りました。ブルーとかが良かったんだけど限定の文字に惹かれてカワサキグリーンを購入。
IMG07.jpg
↑マクロ調節した旧VQ1005で撮影
1005ピント合わないなと嘆いてたんですけど思い切ってマクロにしたらいい感じになりました

IMG08.jpg
↑VQ1015で撮影
結構ピント合うもんなんだね、下手に弄らないほうがいいに決まってる。
色合いは1005のようでいいと思います。トンネル具合も光の程度によって変化しますし、意図的ではあれどトイデジという意味ではいいのではないかと思います。
で、まずやろうと思っていた省エネ改造ですが、個体差があると思いますがまたしても電池ボックスに余裕がありませんでした。余裕無い→分解という単純思考しか出来ないので即分解。

IMG01.jpg
若干構造が異なっていました。開けるとき勢いよすぎるとバネと銀玉飛んでいく。おそらくスピーカーだと思いますが配線によって繋がっていました。これ切ってもいいのかな、なんとなく切れないように大事に扱います。
肝心の電池ボックスですがこの状態だといじれない。
IMG02.jpg
このピント切り替えのノブを取らないと、基盤と干渉してしまいます。なので取るんですけどここに接着剤が付いてて結構きつい。かといって乱暴に扱うと焦点がずれる恐れがあるので慎重に。余裕で力尽くでいった。

IMG03.jpg
基盤どうしは2種類のピンで繋がっているのでそっと離します。
あとは電池ボックスをいじるわけですが、体感として1005に比べ撮影時のスライドは軽いし全体的に余裕を持った作りに思えたので、マイナス側のバネを短くして電極版を左右に押し広げるだけにしときました。あとはパッケージのプラ板で板作ったら省エネ改造できました。
あとは元通りに組み立てていきます。

IMG04.jpg
ピントの調節も出来ます。反時計回りでマクロに改造もできました。
組み立て組み立て試しに一枚撮影。

IMG06.jpg

ピント逝ったあああああああああああああああああああああああああ
さようならVQ1015、そしてありがとう。
まぁピント調節すればいいんですけどね、反時計回りに270°ほど回したら元に戻りました。
で、ケースを開くときにキーホルダー付いてるところが堅くてなかなか開かなかったんですけど
IMG05.png
このでっぱりをカッターで削ったらスムーズになりました。削らなくても開けるときに押し込めばいいんだけどね。
別に壊れてもいいや的思考なためある程度の無茶は出来ましたがあまりオススメしません。
普通でもマクロにすれば30cmほどまでいけましたし、撮影時の電池消費が旧に比べかなり抑えられているとのことなので下手にいじらないほうがいいと思いました。せっかくの保証もなくなっちゃうし。
なんとなくこの周辺減光はソフト的なものではなくハード側によるものかなぁと思うのでレンズあたりの空間をいじればなくせるかもしれないかもしれないと思いました。
ファームウェアを入れ替えれば色々と遊べるしお手頃価格だしプロ台所GJ
いつか1015で写真撮ってきます。

どうでもいいVQ1005のマクロで撮った写真
IMG10.jpg

IMG11.jpg

IMG12.jpg

IMG13.jpg

すげえ、約15cmぐらいがちょうどいい感じにしたら結構綺麗だ。
普通に撮るには1015、マクロは1005と使い分ければいいわけですが携帯でカバーできます、ありがとうございました。


VQ1005とヤビツる [VQ1005・VQ1015]

ヤビツ峠いってみた。
事前にVQ1005のピントの問題を改善すべく、分解してレンズを回してみて撮ってPCで確認して分解してレンズ調節してって繰り返してまぁマシになったかなぐらいになったので、意気揚々と行きました。
pic1.jpg
なんという綺麗さ。どうみても携帯です、本当にありがとうございます。
IMG_0001.jpg
これVQだけどどうなのよ。どう見てもピントあってないだろこれ。
IMG_0004.jpg
縮小すればそれなりにみえんことも無いけど有り無しで言えば無しだな。
IMG_0005.jpg
あいにく曇ってて。晴れてたほうが綺麗に写るような気がしないでもない。
IMG_0006.jpg
近距離もアウト。でも後ろの壁にピントあってるような・・・3mぐらいがベストなのか。
IMG_0007.jpg
カメラのせいにしよう。
IMG_0009.jpg
他のサイトのように綺麗に撮るにはどうしたら(´;ω;`)
またVQ分解する日々がはじまるお・・・

↓関係ないバイクでのマウント動画。テスト的な意味合いでどんなもんか撮っただけで落ちもないしつまらない。
読み込みに時間かかるので興味ない方はスルーして

続きを読む


VQ1005省エネ改造 [VQ1005・VQ1015]

何番煎じかわからないけど今さらながらVQ1005の省エネ改造をしました。
『VQ1005 省エネ』でぐぐればいくらでもでてくるから、やり方とかは省略するとして原理として一番わかりやすいのがこのサイト
要はケースをスライドさせると電池が-側に押されることで、+側と電池の接触が解除されて通電しなくなる=電池が減らない(かも)という感じ。
ただこの方法であったり、これとは別の省エネ改造であるこれとかをやるには、電池を-側に押した時通電が止まるだけの、電池ボックスのゆとりが必要になってきます。
これも縞模様同様、個体差ということになってしまうんだけど、残念ながら自分のVQはきっつきつでもうカッチカチのビンビンで隙間という隙間からスペース的なものは存在してませんでした。
なので諦めてたんですけど、通常であれば2日でも使わずに電池を入れてるとなくなってしまう不便さに耐えかねて、図工5の腕でやってみることにしました。
結果からいうと省エネ改造は無事成功に終わり、いれっぱでも一週間以上(継続中)電池がなくならずビンビンです。おそらく単純に撮影時の電池消費だけで抑えられているんだと思います。これでより手軽に撮っては投げ撮っては投げ出来るようになり、かなり満足したトイデジになりました。
電池ボックスに余裕が無い、隙間が無いという方(自分だけど)は、100円ショップでやすりと瞬間接着剤、ライター、ドライバーぐらい買ってくれば出来ます。
まずは分解します。
pict1.jpg
分解図
pict3.JPG
最初開けるとき、赤丸の部分に糊がついていて張り付いているので慎重に開帳します。レンズが動くと焦点距離がずれます、多分。
pict2.JPG
自分の場合は赤丸の部分(-側)をやすりで削りスペースを作りました。-側を削ったほうがあとあと見栄えがいいと思います、ケース付ければ見えないし。
最初にやすりをライターで炙ってプラスチックをえぐりとって大まかな枠組みを作った後、削って綺麗かは知らないけど整えました。
二台持ってる人は元に戻す前にマクロ改造してみるのも面白いかもしれない。一台しかないからやらなかったけど。
関係ないけど
pict4.JPG
スライドがきついっていう人は、赤丸の部分のコードが基盤の窪みにちゃんとあるか見てみるといいかもってどっかでみた。窪みにないと、結果ケースが膨張してきついとか。まぁわずかだろうと思うけど。
この改造はエネループとかなり相性がいいと思う。エネループは自然放電が極めて少ないらしいからより長持ちするんじゃないかなと思う。

試しに撮ってみた。
IMG_0001.jpg

IMG_0003.jpg

IMG_0004.jpg

なんというひどい画像。見ただけで失敗作とわかってしまった。間違いなくモザイク処理後。
なんでかなぁ、手ブレには気を使ったはずだからピントの問題だと思うんだけど。改造の時知らずにレンズ回ったかもなぁ。また分解してベストを探してみようと思いました。
これもまた面白みだと思うのはさすがにマゾ。


VQ1005処女作 [VQ1005・VQ1015]

遠くでもないけど出かけたときにVQ持っていったのでその時の写真。電池云々言ったけど普通に使う分には全然問題なかった。こまめな電源オンオフさえ心がけてれば小旅行ぐらいなら大丈夫な気がする。とりあえず小さくて便利、これは以外にもかなり好ポイントでした。上着のポケットに入れてても邪魔にならず撮りたい時にさっと取り出して撮る。これはいい。

色がすごいね、携帯で比較画像撮ればよかったんだけどめんどかった。VQ自体に画像表示液晶が無いので家に帰るまでどんなのが撮れてるかまったくわからないから、初めこれみたときはうをぉって感じでした。

室内はダメね、フラッシュもついてないし。


これ夕方みたいに見えるけど14時くらいで一番明るい時です。若干暗めの彩度濃い目っていう感じな気がする。


周辺減光みたいな感じでまさにトイカメと同じ感覚、トイデジの名に恥じない写真が撮れると思います。

やっぱピントが課題かなぁ・・・多分手ぶれだと思うんだけど。いつシャッターを切ってるかわからないから難しい。だから面白い写真が撮れるってわけでもありますけど。
VQ1005、トイカメが好きで気軽にパシャパシャ撮りたいって人にはお勧めできるトイデジだと思います。これからは常に持ち歩いて気軽になんか撮ろうかなという気持ちになりました。


トイデジ VQ1005とDSC517 [VQ1005・VQ1015]

この前DSC517買ったばっかだしねぇ・・・しばらくトイデジやトイカメラを買うことはないでしょ、VQ1005とか金の無駄無駄。

 

家に届いてワロタ。
買ってしまった・・・金無いのに・・・ほんと買う気なかったんだ、この記事見るまでは(´;ω;`)
生産終了・・現品のみ・・・信憑性云々はありますけど、まぁ買わないで後悔するより買って後悔したほうがダメージが少ないと思い購入。多分だけどちょろちょろこれからも新品が流通し続けると思う、xiaostyleみたいな国内品じゃないしまだ慌てるような時間じゃない。今も普通に売ってるし。でもまぁ我慢できませんでした。
レビュー。基本的なことや買う前の注意点はこのブログが詳しすぎて書くこともないので省略。実際手にしてみて、まず見た目がチープ。とてもデジカメっていう扱いじゃない感じでデジモンとかそんな感じ。最初電池入れることが解らなくて5分くらい探した。スライド式なんだけどスライド堅い。ほかのVQ1005について書かれているblogでも堅いっていうのみてたから覚悟はしてたけど、つくりがチープなためちょっと不安になります。SDカードは512MBまで対応って書いてあるけど1GBでも認識しました。1GBのmicroSDをSDカード変換コネクタにつないで入れてみたらこっちも認識してくれました。SDカード挿すとスライドする時つまむとこと被ってちょっと使いづらい。でもこのトイデジは電池が切れると内蔵メモリのデータは消えてしまうそうなのでSDカード推奨かなぁと思います。ドライバは付属のCDについてますが、そのCDが懐かしの8cmCDなためドライブによっては認識してくれないかも、わからんけど。
で、一応試し撮りってレベルですらないんですけど撮ってみたので、VQ1005とDSC517と携帯カメラで比較できるような感じで撮ってみました、ろくな画像じゃないけど。


↑携帯


↑VQ1005(eneloop(エネループっていうニッケル水素蓄電池)使用)


↑DSC517

携帯が一番綺麗でワロタ。どうもマクロというか2m以内での撮影はピントが合いづらい、というか合わない、というか合わせる技術が無い、どちらも。一応トイデジは両方ともマクロ設定にしてるんだけど・・・まぁ手ブレもあるかもしれない。一枚しか撮ってないけどVQ1005は確かに面白いといえば面白いかもしれない。どっかのサイトに書いてあったけどVQは赤色がより綺麗(濃い感じ)に撮れるらしく、郵便ポストとか撮ると綺麗らしいです。言われれば赤色が深紅ぐらいになってる気がしないでもない。


↑携帯


↑VQ1005


↑DSC517

DSCワロタ。全部同じ時に同じ空を撮ったもの。携帯が一番素直で見たまんまを綺麗に撮ってくれてます。個人的にVQ1005はコントラストがはっきりというかちょっと暗くなるのかな。DSC517もだけど使えるのは日中のみで、試しに夜景撮ってみようとしたけど明りがポツンとあるだけで、sonyとかの夜景モードと比べると雲泥の差でした。曇りや雨、夕暮れあたりが許容範囲限界かなぁ・・・とかいって夜撮ってみたら面白いの撮れるかもしれないんですけどね。てかDSC517は何があった。ピンクっぽい色出てきてるけどだいじょぶか。ある意味すごいし、そういうとこ嫌いじゃない(*´Д`)
↓ちょっと話ずれるけどDSC517の空画像

綺麗だなー

↓のAAが思い浮かんだ
  \                    /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \
                                  -‐
  ー
 __          わ た し で す            --
     二          / ̄\           = 二
   ̄            | ^o^ |                 ̄
    -‐           \_/                ‐-

    /
            /               ヽ      \
    /                    丶     \
   /   /    /      |   i,      丶     \
 /    /    /       |    i,      丶     \  

いい色だねぇ落ち着いた色。青じゃないんだけど空って感じだわ。
てか空かカメラ自体しか撮ってなくてさーせん。基本手ブラ(いやらしい意味じゃなくて)で出かけるから遠出しないとカメラとか持つ気になれない。


大きさ比較。VQ1005くらいならポケットに入れて気軽にとれ・・・壊れないか不安だ。今週ちょっと遠出するのでその時にでもVQで色々撮ってきます、多分。
あ、電池ね、DSC517は全然なくならない。買ってから入れっぱだけどまだいけそう。一方VQは一日でなくなる勢い。どうも入れてるだけで電池を喰うらしい。またVQ1005のOEMでGenie IIIってありますけどそっちのが電池喰うらしいですね、バケモノか。その辺のことは前述のブログに詳しくのってるので略。
あとVQ1005でeneloop使うと、電圧の関係(アルカリ単4 1.5V、eneloop 1.2V)で画像に縞模様が入ることがあるそうです。

↑上のと同じだけどeneloop使用


↑市販のアルカリ単4電池使用

個体差があるらしいけど、うちのはeneloopでも縞模様が入らなくて綺麗・・・ではないけど普通に撮れました、Congratulations・・・おめでとう・・・おめでとう・・・・・
あとどうでもいいだろうけどVQ1005で気になったこととして、SDカードに保存→PCに取り込み→画像を編集ソフトで開く、とcorrupt jpgなんたらかんたらって出てきました。なんかデータが破損してる?ペイントで開く時はなんもでないし画像自体も問題ないように見えるけど、撮った写真全部ででたからカメラかSDカードかPCか疑わしいのは色々あるけどめんどくさいので放置してます。

VQをトイデジと知らないで買う人はまずいないだろうけど、普通に安いデジカメ欲しい方は+5千円でそのへんのデジカメ買ったほうが機能・質など上だろうし、いい買い物だと思います。
なんか買って満足しちゃった自分、プライスレス。


VQ1005・VQ1015 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。