So-net無料ブログ作成
検索選択
電子タバコ ブログトップ

電子タバコ M401 リキッドチャージとか [電子タバコ]

とりあえず電子タバコwikiを見るのだ。
M401を使い始めて2週間ほど経ちます。また軽くレビューとか。とりあえずアトマもバッテリーも故障なく上手いこと動作してます。
made in chinaなのである程度覚悟してたけど今ところ満足。アドバイスとしては、一吸い当たり勢いよく吸うのではなく、ゆっくり長く吸い込むと煙が多いように思います。また息を吸うように吸いまくるのではなく、一吸いごとに一呼吸置いて吸ったほうがアトマにもリキッドにも優しいです。せっかく灰も落ちないんだしゆっくり落ち着いて吸うのが一番です。
あとブルシグでブランクカートリッジ頼むついでに予備のBCM401用のアトマイザーを買った。SMOORE製M401とは相互性無いと書いてあったけど問題なかった。で、アトマだけどこれが一番大事だな。タバコの銘柄による味の違いは全然わからんが、アトマによる味の違いははっきりわかった。煙量は変わらないように思う、というか吸い方一つで煙量変わる、が味が付属のほうが濃い。何が原因かわからないがBCM401のは味が薄くて物足りなかった。多分もう一個買ったらそれも味違うんだろうなぁ。故障率と併せてまだまだ運要素が強いイメージ。

で、調子乗って吸いまくってるとリキッドが無くなるわけですが、その度に味付のカートリッジを買っていると結構金がかかります。節約したければブランクカートリッジを買って自分でチャージするのが安いです。最初についてる5本カートリッジを再利用しまくっても良いけど、ある程度使ったら交換したくなるだろうし20個くらいブランク買いました。
リキッドも通販で買うのもありですが、ニコ入りは海外限定だし国内のリキッドは価格がぼったのところが多いので、せっかくだから自作しました。
買ったのは、薬局に売ってるグリセリン(85%)、無水エタノール、ハッカ油です。あと容器として無印のガラスのスポイト付ビン(プラスチックはハッカ油で溶けるらしいからガラス)、百均でシリマーとキルト芯。これだけあれば一年くらいやっていけるんじゃないかな。投資額3000円くらい。本当は100%の濃グリセリン欲しかったけど売ってなかった。あとグリセリンに合成と植物性あるけどどっちも変わらんよ。心配なら植物性でも買ってればいいし。
リキッドのレシピは、グリセリンを最終濃度75%くらいになるように水道水と無水エタノールで希釈。エタノールは殺菌のつもりで添加してるから別に水でもかまわんでしょう、意味あるかわからんし。最後に10%分ハッカ油を入れてよく混ぜて完成。シリマーあると分量がわかって楽です。
次にM401でのリキッドチャージ方法。力茶とかリキチャて書かれますね。
CA370162.jpg
これがカートリッジ。

CA370163.jpg
吸い口の穴から棒でも入れて中のタンクを出します。画像の下がタンクのことです。

CA370164.jpg
ちなみに中の綿。上が元から入ってたもの。下が百均で買ってきたキルト芯。キルト芯のほうが気持ち崩れやすいけど、触った感じ元のと変わらないように思います。
買ってきたキルト芯は洗ったほうが気分的にいいと思う。ここにリキッド入れてそれを吸うわけだし。水洗いして70%エタノールに5分位漬けてすすげば十分だと思う。ちなみに無水エタノールはエタ濃度99.5%ですが、一般に殺菌効果が高いとされるのは70%位なので殺菌用途なら薄めて使ってください。
ついでにwikiにあったW綿を試します。簡単で元の綿と同量の綿をいれてダブル綿の完成。これも改造に含まれるのかな。
CA370166.PNG
wikiでタンクをL字に切るといいとあったのでついでにやってみた。何でL字に切るかわからんがリキチャしやすいとかある程度の隙間を確保してるんだと思う。右からキルト、元の綿、改造タンク。
CA370167.jpg
綿をぶち込む。高さはタンクに合わせたほうがいい気がする。モリモリしすぎるとアトマの綿と密着するだろうし。
リキッドのチャージ方法として、綿をぶち込む前にタンクの中にあらかじめ2滴位リキッド入れてから綿ぶち込んで、綿の真ん中に3滴くらい上から2滴位いれた。ヒタヒタでいいんですよ。したらアトマ装着して、アトマにティッシュをあてがって吸い口側から息を吹き込む。余計なリキッドが出るのでアトマをよく拭いてバッテリー装備。(゚д゚)ウマー
綿2倍にしたら煙の量が増えた気がした。それよりもリキッドの持ちが良くなった方が大きい。自作のリキッドはちょっとハッカが多かったかもしれない。5%だと物足りなかったから8%くらいがいいかも。ただ10%でもリアタバのメンソールより弱いくらい。あとハッカはアトマとカートリッジにダメージを与えるらしいのでほどほどに。
あとカートリッジもアトマも綿も時々洗浄しましょう。汚れなら重曹で良いだろうけど、殺菌したければ重曹に殺菌能力は無いので、70%エタに漬けましょう。5分で十分です。
あと自作リキッドの安全性についてですが、グリセリンは害はないということになってます。もちろん超大量に摂取すれば別だけど、電タバごときで気にするようなもんじゃないです。有機栽培野菜しか食べません!っていう人じゃなければ、添加物としてグリセリンと同じようなもの摂取してるし。間違いなくリアタバよりも安全であると言っていいと思う。まぁそのへんの知識があるわけじゃないので実際はわからんけど。
てかタバコすってしもた。物足りなかったんだ。12回目の禁煙ハジマタ


電子タバコ M401 レビューとか [電子タバコ]

かねてからタバコをやめようと思い、今までに10回くらい禁煙に成功しています。
成功しすぎて怖いんだけど、要はダメ人間ということでこれはいかんと。別にヘビースモーカーでもなく半箱/日くらいですが、それでも月15箱×300円=4500円/月、まぁそれなりではあります、プロパンより安いけど。
そこで電子タバコ。今回はM401という機種を買ってみました。
電子タバコの基本的な知識は、電子タバコまとめwikiを見ればほぼすべてわかります。購入にあたってもっとも参考にしたサイトです。なぜM401にしたかとかは後述。
とりあえずレビュー。といっても初電子タバコなので、本当のタバコ(以下リアタバ)との比較しか出来ませんけど。

CA370166.jpg
到着時。おそらく海外サイトからのpaypal使用した購入でEMSが一般的だと思う。他は輸入代行とか国内流通品か。ただ国内流通品は避けたほうがいいとのこと。理由は後述。

CA370167.jpg
買ったのはM401スターターパック。わりと高級感あふれるパッケージです。

CA370168.jpg
セット内容は、バッテリー2本、アトマイザー1個、カートリッジ5個(ニコチン高2本・中・低・ニコチン無各1本)、AC電源タイプの充電器。左のケースは別途購入。

CA370169.png
各部名称。アトマイザーが重要っぽい。あと中国産なので初期不良率もそれなりらしい。自分のは問題なく動いてます。
説明書には最初8時間充電しろと書いてありましたが、する理由も特にわかりませんしすぐ使い始めました。初期カートリッジというか元から付いてるのはブランクカートリッジ(綿すら入ってない)ので、付属のニコ高と交換、吸い口を消毒(念のためw)後吸ってみると・・・
すげえええええええええ煙でたああああああああああ(正確には蒸気だけど)
ちょっと感動。リアタバと比べると煙量は劣るし、味が甘い(おそらくグリセリンか)ので、完璧な代わりになるかと言われればNOだが、ちょっと吸いたいかもというときに代用するくらいなら十分だと思う。あと煙量や味に関しては、ある程度ユーザーにより改善できるらしい。
まず煙量に関しては、100円ショップとかでキルト芯(ポリ100%)を買ってきて、カートリッジに元の綿の量の2倍入れてリキッドで満たすというもの。自分はまだ試していませんが今吸ってるのが無くなったら試してみようと思ってます。
次に味に関してですが、電子タバコは蒸気を吸うので、カートリッジのリキッドを換えればいいということです。リキッドは市販(主に海外)してるし、自作するというのもあるそうです。
これらの情報もすべてwikiに載ってるのですべて読んでみるのがいいかと。

感想として、電子タバコ≠リアタバという認識を持つべきで過度な期待はしないほうがいいと思いました。自分くらいの依存度であれば事足りるので今後はM401だけでやっていくつもりだけど。
電子タバコの利点として、禁煙スペースでも吸える、灰がでないので汚れない、タバコ臭さがない、副流煙がない、室内でも壁が汚れない、色々な味を楽しめる、初期投資さえすればある程度節約になる、などなど色々。
逆に難点として、中国産ゆえ故障率が高い、リキッドの安全性が不透明、現状主に海外販売を利用するので消耗品の入手が面倒・送料高い・納期が微妙、など。やっぱ海外販売がメインってのが一番めんどい。
ただ個人的には利点のほうが多いと思います。現状満足してますし、1週間ほどリアタバ吸ってないので11回目の禁煙に成功したと思います。興味のある方は是非お試しを。

以下電子タバコについてどうでもいいこと。
初めて買うに当たって機種選びで迷う方も多いと思います。自分はM401しかないので何を勧めるとかは出来ないけど、2chとかwikiからオススメそうな機種をあげときます。

LT-V9・10
煙の量がすごいらしい。2ピース構造でカートリッジとアトマが一体化してる。リアルタバコに近い感じらしいのでヘビースモーカー向けか。味薄め故障報告それなりらしい。9と10の違いは充電器のみ。

M401
自分が買ったやつ。レビュー参照。個人的にはライトスモーカーにはお勧めできると思う。
購入理由はデザインとバッテリーなどの割安感。wiki情報が豊富なので色々試せる。

901系
BE901、DSE901とか。煙量もそれなりでLTと同じような感じらしい。

DURA-C・TECC510
最近出たやつ?評価が良い。DURAは保証付きだが高い。TECC510は相互品で同等だが保証がないぽいがお手頃。

このあたりぽい。まぁ全部wikiに載ってるんだけど。故障報告については絶対数が増えれば多くなるだろうし一概には言えないと個人的に思う。
どれも主観によるレビューなのでどれが正しいとかは判断しづらいけど、総じて一致してるのが国内流通品のは糞ということが印象的だった。
ミスモとかに関しては値段も糞だし性能も糞らしい。その他1万を超えるのが普通の国内流通品のものすべてが、海外では$40とかのリパッケージというかOEM品らしく売り方が汚い。2000円くらいのは入門にはいいみたいだけど、海外通販のほうがいいかなぁと思う。
ただ最近、LT-V10相互のスーパーゼロスモーカーというのが出回ってるらしく、値段も5000円くらいと適正価格くらいらしい。国内流通もそういう感じになってもらえるとうれしいですね。

ショップに関して、国内はオクとかしかない。というのもニコ入りカートリッジの国内販売は禁止されていて個人輸入に限られるかららしく、あっても輸入代行みたいなかんじ。
blue cig japan(通称ブルシグ)が唯一活発に見える。独自のM401を現在進行中で開発中でプロトタイプを販売してる。もうちょっと国内発送の在庫を増やしてくれるとありがたいなぁ。
海外ショップで2chでよく名前が挙がるのが、BEST ECIG、Heaven Giftsあたり。といっても利用者が多いわけではないので今でも手探り状態かなぁと思った。

全体的なコスパは減ると予想してる。リキッドは自作しようと思うしカートリッジも再利用するので、アトマとかの交換だけ。あと他の電タバが欲しくなるのを抑えるだけwLT欲しいお。
リキッドに関してグリセリンやプロピレングリコールの危険性云々あるが、タバコ吸ってた人間が気にすることではないなw大量でなければ問題ないと思う。将来問題が出たときにこれだけが理由にはならないだろうしね。自分はグリセリン:水=8:2にハッカ2%くらいで作ってみようと思うけど甘そうだなぁ。
綿2倍にもチャレンジしてみようと思うので、その時また感想でも書ければなぁと思います。
そういう楽しみ方も電タバの魅力だと思います。


電子タバコ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。