So-net無料ブログ作成
検索選択

IS12S (Xperia Acro HD) ICS(4.0.4)でroot取得 [Android]

自己責任で行う。注意事項は他の機種でroot取る場合と同じですので省略します。
自分用の覚え書きなのでどうなってしまっても一切の責任はとりません。
ちなみに現在の端末データは全て消えます。事前に必要な物はバックアップsdcardとext_cardのデータは消えませんが、万が一でバックアップをおすすめします。
またおサイフケータイのデータはシステム領域とは別なので特に手続きはいらない(はず)です。が、やはり事前に退避推奨です。

現在、IS12SではGB(2.3.7)でroot取得していなかった場合、ICS(4.0.4)にアップデートするとroot化できません。
なので、ICSにアップデートしてしまった場合、手順として
1)flashtoolを使ってGBにダウングレード
2)root取得
3)ICSにアップグレード
という手順になります(正確には2と3は同じタイミング)。

1)ICS端末にflashtoolでIS12SのGB(2.3.7)のftfを焼く
flashtoolの使い方、ftfの作成方法は他サイトで詳しく説明あるんで省略します。
例えばttp://xperia-freaks.org/2012/03/19/make-ftf/ こちらのサイトとか。
GBのftfを作成していなかった場合、もう自ら作成することは出来ないのでどこかで拾ってきたりします。例えば2chでリンク探してみたりします。
sony端末は購入したらまずftf作成するのが良いと思います。
flashtoolで焼くときは、今回はwipeはすべてチェック入れる(なのでuser dataは消えます)、その他のチェックは外します。ICSからGBへの変更なのでuserdata含めすべてまっさらにしてあげる必要があります。
書き込み終了後、端末起動すると初期設定からやり直し、端末情報から2.3.7であることを確認する。

2、3)root取得とICSへのアップグレード
以後の手順は、huhkaさんが公開してくれた方法通りです。
ttp://blog.huhka.com/2012/08/gbis12sicsroot.html
端から端までよく読んで従っていけばできるはずです。

説明としては1)のダウングレード方法で躓きそうなので書いてみました。
ここまで読んで理解できない場合はやめたほうが良いというか、root取得しても楽しめないと思います。
リスクを理解した上で実行してください。

また勝手にURL貼ってしまいましたが、rootkit公開してくださったhuhka様などに感謝致します。


Tasker Scenes 使用方法 [Android]

2chの以下のスレをみていたら
Tasker Part5
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/smartphone/1324883976/288

288さんが書いているようなScenesの使い方がありまして、とても便利そうだなと思い試してみたらかなりよかったのでここで少しScenesの使い方から設置方法まで、簡単な例でご紹介したいと思います。
まずScenesはTaskerの最近のアップデートにより追加された機能で、全て把握してないのでよく理解していませんが1つとしてoverlay表示が使えます。
今回はこのオーバーレイ表示を利用して、ステータスバーをタップで引き出す機能はそのままに、アプリのランチャーとしても使用できるようにしてみたいと思います。文章だけの説明でわかりにくいかもだけど、一応読めばできるように説明してみます。この例でわからないことあれば質問ください。

1.Taker起動
2.上方のScenesタブをタップ
3.下方の+ボタンをタップ
4.適当に名前をいれる。自分がわかれば何でも良い。今回は説明上『test』と名前をつけます
5.画面中央に黒四角、下方にoverlayサイズ(例:320×240)が書いてある画面になる。ここで指定したサイズのキャンパスに各エレメントを配置する。自分の端末のステータスバーにあったサイズを、黒四角をドラッグして調節する。とりあえず横は最大、縦は最小にしておけば良い。あとで調節可。
6.端末のメニューキーをタップ。Backgroud colorタップしてスライドバーを真ん中にする。これはAlpha値を指定するバーで左端にすることで透明にすることができます。まずは半透明にしてどこにOverlay表示されるか確認して、あとから透明にするとやりやすいのでまずは真ん中に。チェックボタンタップ
7.右下虫眼鏡ボタンをタップ
8.キャンパスが拡大表示される。+ボタンをタップしてDoodleをタップ。
9.上方にUI、Tap、Long Tap、Strokeタブがある。まずはUIタブから、Nameは適当。今回はDoodle(手書き)をしてあげる必要はない。一応Alphaのスライドバーを左端(0)にすることで透明化できます。
続いてTapタブで、今回はアプリのランチャーとして使用したいので+ボタンタップ。
App>>Load Appから起動したいアプリを選択してチェックボタンをタップ。ここで、タップでステータスバーを引き出す機能は継続しておきたければ、+ボタンタップ後、Display>>Status BarでSetをExpandedにする。
LongTapやStrokeにもActionを設定したければそれぞれ設定する。つまり最高3つまでActionを設定できる。
10.チェックボタン押すと先のキャンパス画面に戻り、点線の四角枠が追加される。下方の熊さんボタンタップで場所や大きさを調節。必要に応じてDoodle追加していくつか領域を作ってもいいかもしれません。
11.すべて配置したらチェックボタンをタップしてScenesの設定は終わり。

つづいて作成したScenesを実際に配置してみます。

12.上方のTasksタブに移動
13.+ボタンをタップ。
14.Nameは適当に。ここでは説明上Scene1と名付けます。
15.+タブをタップ。Scene>>Show Sceneをタップ。Nameで虫眼鏡ボタンをタップし、先程作成したScene名の『test』を選択
Display AsでOverlay, Blockingを選択。これにすることでOverlay表示にタップなどの動作が機能するようになります。Overlayのままだと表示のみ。
Horizontal Positionで横の位置を指定する。今回はCentre(中央)で。
Vertical Positionで縦の位置を指定する。今回はステータスバー位置なのでTopにする。
一応、Show Exit Buttonにはチェック入れといてください。Continue Task Immediatelyは今回関係ないのでチェックなくていいです。
16.全てよければチェックボタンをタップ。これでひと通りできました。一度Tasker画面から端末の戻るボタンを押して抜けてTaskerを再起動します。
17.先ほど作成したTask名(Scene1)をタップして、右下の再生ボタンをタップ。ちゃんとやっていれば半透明のOverlayが表示されるはず。タップとかしてみて動作確認、表示場所の確認。
18.満足いくものができたら、6で指定したBack Ground Colourを透明にする。15で表示にしたShow Exit Buttonのチェックを外す。
19.Scenesの設定を変更したときは毎回Taskerを再起動させてください。17を再度実行で終わり。

もし途中でOverlay表示がおかしくなったりしたら、右下のon,offスイッチをタップすれば消せます。
これでステータスバーの働き・見た目はそのままにランチャーとしての機能を追加することができました。とても便利ですね。10で、いくつかElementの領域を追加してあげれば、簡易Dockとして利用することも出来ます。
今回はランチャーとしての利用法の説明でしたが、これを利用すればバッテリーの%表示をoverlay表示で置き換えとかnon rooted端末でステータスバーのカスタマイズが可能になったりしますので、興味ある方は色々やってみるといいかもしれません。
個人的には画面端をうまく利用できるので、Swipepadとかの代わりにもなると思います。使い方は考え方次第です。

Taskerでできる一部のことを代用できるアプリはいくらでもあります。ただ使い方さえ覚えればTaskerひとつですべて賄えるのが利点だと思います。Taskerが難しいって方は、冷たいようですがUIとか使いやすいほかのアプリを使ったほうが手っ取り早かったりします。まずは自分で色々いじってみて使い方に慣れてみましょう。Helpは英語だけどとてもわかりやすく書いてありますし。

最後に、2chでこの利用法を示してくれた方に感謝です。


Android セキュリティについて (Privacy Inspector, Privacy Blocker) [Android]

Android搭載のスマホにおけるセキュリティ問題が最近ホットなので少し自分の考えを書きたいと思いました。

初めに、これから書くことはOSレベルでの脆弱性ではありません。root取れるとか根本ではなく、あくまで個人レベルで自衛ができるものに関してです。
そう考えた場合、問題になるのはインストールするアプリのpermission、あとはそのpermissionを使って何をしているかだと思います。具体的にはread_contactとかread_phone_stateなど、個人の特定ができてしまうものプラスInternetソケットになると思います。
さらに突っ込むと、連絡先の読取とかはアプリによって必要性の判断はできるので(電話帳関係とか)置いておくとして、もっとも厄介なのがread phone stateだと個人的に思ってます。
前に書いたとおりOSバージョンで強制的に付加されるのも厄介ですが、アプリをみていると結構な確率で付加されています。このpermissionがあると、自分の端末情報とか電話番号とかも知ることは可能です。問題なのは、この権限が結構広義でアプリによって何に使われているかいまいちはっきりしないことだと思っています。

いつも前置きが長くて恐縮だけどここからが本題で、今回はRead Phome Stateの権限を使ってそのアプリが何をしているのかを知ることができるアプリ、Privacy Inspector、もしくはその有料版のPrivacy Blockerの紹介とレビューです。
ちなみに無料版はアプリのスキャンのみ、有料版だとスキャン+修正が可能です。
アプリをスキャンすると問題点を挙げてくれます。曖昧な記憶だけど、permissionを使ってなにかする場合、manifest,xmlへの記載はもちろん、ソース内にそれを書いてあげないといけなくて、例えばget_phone_numberとか書けば電話番号を取得できるとかそんな感じ(正確ではないです)。このアプリは一度アプリを復号化してソース内をスキャン、そういった構文を見つけ出してくれるものだと思っています。特にread phone state絡みの部分に特化してます。なのでREAD_PHONE_STATE権限を使ってなんの情報を得ているのかがわかるアプリです。

権限が怪しいアプリとしてCamera360というカメラアプリがあって、写真撮影に関係ないpermissionがたくさんあってその中にREAD_PHONE_STATEもあります。試しにPrivacy Inspectorでスキャンしてみてください。自分はCamera360は黒だと思います。SIMナンバーとか電話番号の取得をしています(正確にはすることができる)。Internet権限もあるのでしようと思えばそういった情報を集めることも可能だと思います。
他のREAD PHONE STATEがついたアプリ、例えばPowerAMPだと特に問題は挙がりません。広告(Ad)がついたアプリだとデバイスIDとか取得してる結果が得られますが、これはユニークアクセスの解析だと思いますし特に問題はないと思います。
有料版だとスキャンだけじゃなくて修正ができて、それが結構面白くて疑似の情報に書き換えるというもの。設定によって好きな情報に書き換えることができます、例えば電話番号を任意の数字にしたり。だたパッケージの再署名しているのでアンインストール後、再インストールする必要があって、アップデートの時もアンインストールしないといけないとか面倒はありますが。ただこのソフト自体最近アップデートしていない、プロテクトかかったアプリはスキャンできないので注意です。またインターネット通信をさせなくするとかじゃないので根本の解決にはなってないのでスキャンメインの使用がいいかなと思います。もしくはpermission自体はいじってないのでエラーが出ることがないのでそれ絡みで使うとか。怪しいアプリがあったらスキャンしてみると面白いかもしれません。
これまた曖昧な記憶だけど、アプリはインストールした時点じゃなくてその後実行して初めてPermissionsが与えられる仕様だった気がする、もともとウィジェットとかで使っていない限り。なので怪しいアプリをインストール→スキャン、結果アウトぽい結果でも実行しないでアンインストならセーフだった気がした。詳しい人その辺教えて。


Android Tasker 画面OFFで3G通信OFFのProfile [Android]

自分用の覚え書き。
Taskerというアプリで画面OFFで3G通信をオフに、画面ONで3G通信オンにするプロファイル。
やり方は色々あると思うけど、1つのContextに納めたかったのと、画面offしてすぐ3Gオフだと何かと都合が悪かったため任意の時間経過後オフにできるようにしてみた。さらに任意の時間経過前なら画面オンにすれば3Gは繋がったまま継続して使えるという優れものなのだ。

[Context]
Event>>Display>>Display On
[Task]
1:Net>>Mobile Data>>on
2:Tasker>>Wait Until>>任意の時間>>Until %SCREEN matches off
3:Tasker>>Wait>>任意の時間
4:Net>>Mobile Data>>off
Task追加画面の左から2番目のスパナアイコンをクリックして
Collision Handling>>Abort Existing Task

でDoneで終わり。

2で指定した時間+3で指定した時間が、スクリーンオフ後に3Gがオフになる時間になります。
画面OFF一定時間後3Gがオフになり、画面オンで3Gがオンになるというプロファイルです。
これは結構応用が利いて、画面OFF後任意の時間経過後に画面ロック、なんてこともこのプロファイルいじればできます。

Taskerは便利で、nolockの変わりにも簡単になります。画面オンをトリガーにして、taskにDisplay Unlockを指定してあげるだけで自動で画面ロックを解除してくれます。スリープ中は画面ロックが掛かっている状態なので、スリープ解除は本来の電源ボタンでのみ有効になります。

などなど他にも色々なルーチンワークを自動化できます。
チンコ隆起をトリガーにしてエロ動画自動再生のタスクが指定できるようになったらいいなと思いました。


Android Permissionの不思議 [Android]

自分用の覚え書きです。
Android OS搭載のスマートフォンを使っていて、アプリ次第でなかなかできることが多様になって面白く日々ちんこなみに弄っています。
そのアプリですが、先日android marketのアプリにトロイが仕込まれていたのは記憶に新しいところです。
詳しくは調べてないけどrootとれる穴をついて自身をsystemフォルダ(root権限必須)において、一般権限じゃできないこと(スクショとか色々)を勝手にやることができるとかなんとか。さらにアンチウイルスソフトは一般権限でしか動けないので、root権限が必要なsystem領域をいじることができないため、検出しても除去できないとか。ただgoogleがリモートで除去したらしいけど。さすがgoogleさんだぜ。今後はroot取れる端末なくなっちゃうかもしれないですね。ただroot取ることで、できることが大幅に増えるので少し悲しいかなと。suコマンド実行時に通知するソフトとかもあるらしいし、それはそれで自衛につながると思うし。

また、android用アンチウイルスソフトが出始めてきて今後普及しそうですが、現段階で自分の考えではあまり必要ないかなと思います。というのも、アプリのインストール時に必要なpermissionが表示されるのでそれさえ気にかければ大丈夫だと思います。
前置きが長くなりましたがここからが本題で、この非常に便利なpermissionの事前通知ですが、先の件から念のため自分もインストールしていたアプリの権限をチェックしていました。ちなみにpermissionのチェックには「S2 permission checker」というアプリ使ってます。アプリごと、permissionごとにチェックできるのでなかなか便利です。
その時に、READ_PHONE_STATE (日本語表記で電話/通話)を使っているアプリの数が段違いで多いことに気が付きました。というか以前から気づいていましたが不思議に思うくらいで特に気にしてませんでした。
このREAD_PHONE_STATEを許可されたアプリは、SIMナンバーや電話番号、通話先の電話番号を知る許可を得たと考えていいため、悪意を持っていた場合そういった情報を知られてしまう可能性があります。まぁこの情報から何が出来るかと考えたとき特に思いつかないのですがあまりいい気はしません。
なので、自分はインストール時に電話/通話を求めるアプリというのはそれとなく気にしていたため、この数の多さが不気味でした。

本題とかいいながらここから本題なんだけど、インストール時のpermission許可にREAD PHONE STATEがないにも関わらず、インストール後のアプリケーションの管理などからそのアプリのpermissionを確認するとREAD PHONE STATEが追加されている、というお話です。で、調べたところ原因がわかったのでせっかくだから書こうと思いました。
といっても、こちらのリンク先を自分なりに理解しただけですが。
結論からいうと、Android OS 1.5以下とも相互性を持ったアプリ(1.5以下を含むOSでも使えるアプリ)を1.6以上のOS搭載端末にインストールする際に暗黙的に付加されてしまう仕様だそうです。またREAD PHONE STATEだけでなくWRITE_EXTERNAL_STORAGE (日本語表記でストレージ)が付加されるのも仕様だそうです。
原因は、1.6で新たなpermissionの明記としてそれらが新しく追加されたためで、よく理解してないけど1.6未満のOS用に作ったアプリにはそれらの権限がもともと付加されているため1.6以上のOSでは勝手に許可がだされてしまう、という感じだと思う。なので、インストール前に出てくるpermissionはAndroidManifest.xmlに記載されているものだけなのでそれらの権限は明記されていないけど、インストール後に確認すると追記されている、と理解しました。
OS 1.6以上の端末でアプリがそれらのpermissionを利用した機能を用いるためにはインストール前の通知でその記載がないとインストール出来なかったような。なのでアプリ作成者さんはAndroidManifest.xmlにREAD PHONE STATEなどの記述をしているわけではないので、実際にその権限を利用して何かしようということではないので実情無害だと思います。
各アプリの必要最低OSバージョンは、web版Android Marketに記載されてるので確認してみるといいと思います。そこでANDROID 要件が1.5以上であるアプリは1.6以上の端末では例外なく、READ_PHONE_STATEとWRITE_EXTERNAL_STRAGEがインストール後に追加されていると思います。
ということで、一つ疑問が解消されました。理解が間違ってたら指摘してください。

以下はどうでもよくて、もう少し踏み込んでみたお話。
OS1.5の端末を今使ってる人はいるのかねと思うんだけど、上記の現象を回避するにはAndroidManifest.xmlに<uses-sdk android:minSdkVersion="4" /> (正確には4以上)と記載すればいいらしく、これはなにかというとこちらのサイトに翻訳が書いてあって分かりやすいです。4はAPIレベルで、4=OS 1.6を、minSdkVersion=最下位のAPIレベルを指していて、つまりOS1.6以上が必要という意味になるらしい。またSDK APIの互換性は、ほぼ上位互換で、必ずしも下位互換でないと書いてあります。確かに新しいOSの新機能を古いOSでは使えないだろうし、逆は問題ないだろうしで当然といえば当然かもですね。そうなるとなにも最新のSDKが一番ともいえないのかも、と考えると上記の現象も仕方ないのかなとも思います。

ここまで主にREAD_PHONE_STATEのpermissionについて述べてきたけどこのようなパーミッションがあるアプリ=悪質なアプリ、では当然ないことを最後に補足しておきます。それにこういうpermissionはネットワーク通信権限とあわさったときにしかほとんど脅威には成り得ませんし。
またREAD_PHONE_STATEのpermissionが開発者の立場からどんな時に必要なのか少し調べると、例えばミュージックプレイヤーにある場合、電話が来たときに自動で一時停止するためにはこの権限が必要だったり、広告配信でこれにはいくつか会社があってどこのを設置するかは開発者さんが決めるわけだけど、最大手だと思うAdmobは位置情報しか使わないけどadwhirlとかいうとこのは電話/通話も必要ぽかったり、有料アプリのライセンス認証(不正利用者端末の特定と利用停止?)の把握に必要だったりと色々ありました。
他にもアドレス帳アプリでは連絡先の取得とかそれ相応のpermissionが必要ですし。ただ悪用する気があればできるという点で、自衛のためにはインストールするアプリのPermissionに気を使う必要性があるなと思います。今さら畏まっていうことでもないんだけどね。
googleには早いとこ広告用のインターネット接続とかのpermissionと、アプリで必要なpermissionの表記を分けて欲しいと思いました。あと服が透けるARアプリ誰か作ってくれ、大至急はやく


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。